悩む秘書のぶろぐ


沖縄本土復帰38年、基地縮小求め県民大会(読売新聞)

 沖縄県は15日、本土復帰から丸38年を迎えた。

 同県宜野湾市の海浜公園では同日夕、米軍基地の整理縮小を日米両政府に訴える「平和とくらしを守る県民大会」が始まった。

 政府は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題で米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(名護市)を移設候補地の軸とした最終案を固めている。

 大会は労組などで構成する沖縄平和運動センター主催で、同沿岸部など県内3か所を14日に出発した「沖縄平和行進」のゴール地点を会場とした。

 行進の参加者らが見守る中、伊波洋一・宜野湾市長、地元選出の国会議員らが次々とマイクを握り、基地負担の軽減の必要性をアピールする。最後に、鳩山政権に対し、〈1〉「最低でも県外」とした“公約”の順守〈2〉普天間飛行場の閉鎖へ向けた米国との交渉開始――を求める決議を採択する。

新たな高齢者医療制度でヒアリング−厚労省(医療介護CBニュース)
「肩代わり」健保法改正案が成立−12日参院本会議(医療介護CBニュース)
13年度底にV字回復目指す―武田薬品(医療介護CBニュース)
石川議員を東京地検が聴取、「事実を正確に説明」(読売新聞)
防衛省の幹部候補生採用試験で出題ミス(読売新聞)
[PR]
by yukyp8ducm | 2010-05-20 17:50

<< <口蹄疫>熊本もブランド牛の種...      動物愛護 殺処分からペット救え... >>

秘書の苦悩の日々を告白
by yukyp8ducm
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧