悩む秘書のぶろぐ


<裁判員裁判>裏切られた 保護観察中に窃盗(毎日新聞)

 裁判員裁判で有罪判決を受けて保護観察中に金を盗んだとして、窃盗罪に問われた住所不定で無職、大場達也被告(21)に対し、横浜地裁川崎支部は2日、懲役1年2月(求刑・懲役2年6月)を言い渡した。大場被告は初公判で「(裁判員は)裏切られた気持ちでいると思う」と述べていたが、阿部浩巳裁判官は主文言い渡し後「窃盗事件でがっかりした裁判員は、それでも立ち直ってもらいたいと思っているだろう。それに応えなくてはならない」と諭した。

 裁判員裁判では現住建造物等放火罪で起訴されたが、09年10月の判決は、法定刑の軽い建造物等以外放火罪に罪名を変更、懲役3年保護観察付き執行猶予5年とした。【杉埜水脈】

【関連ニュース】
裁判員裁判:検察側は無期懲役求刑 鳥取強殺事件
名古屋女性殺害:被告が控訴取り下げ 懲役17年判決確定
裁判員裁判:鳥取強殺公判 裁判員が被告の妻に質問
裁判員裁判:取り調べDVDを上映 佐賀の強盗殺人事件
裁判員裁判:凶器の工具など証拠品確認 鳥取の強盗殺人

地域医療機能推進機構法案の早期成立で要望書−関係自治体など(医療介護CBニュース)
長野県道287号町村白川村井停車場線
FX投資詐欺で女に実刑=アライド元代表−大阪地裁(時事通信)
正常化のめど立たず=自民欠席で粛々審議−国会(時事通信)
アーバンセキュリティ
[PR]
by yukyp8ducm | 2010-03-02 16:33

<< 1票格差2・30倍は平等に反す...      民主・石井氏「鳥取、島根は日本... >>

秘書の苦悩の日々を告白
by yukyp8ducm
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧