悩む秘書のぶろぐ


<菅財務相>年金、財政「超党派的な相談も」(毎日新聞)

 菅直人副総理兼財務相は26日の衆院財務金融委員会で、年金制度改革や財政再建への取り組みについて「場合によっては、超党派的な相談もしなければならない時が来るのではないか」と語り、与野党で協議の場を設けることもあり得るとの認識を示した。竹下亘氏(自民)への答弁。

 年金など社会保障の財源問題を巡っては、自民党の谷垣禎一総裁が今月1日の衆院本会議で、超党派の「社会保障円卓会議」を設置するよう提案。これに対し、鳩山由紀夫首相は「必要なら設置も将来的に考えるが、まずは国会で審議するのが妥当」と消極的な姿勢を示していた。

 政府は来週にも、年金改革に関する関係閣僚の協議会を開催する方針。菅氏は委員会で「政権の側がきちんとした案も持たずに相談するのは、段取りとして望ましくない」とも語り、与野党協議の前に何らかの案をまとめる必要があると指摘した。【谷川貴史】

【関連ニュース】
民主党:小沢幹事長と菅副総理 囲碁対局実現に政界が注目
菅副総理:次期衆院選前の消費税引き上げ否定
菅財務相:消費税議論「3月から」 大幅前倒し意向
菅財務相:G7とG20サミット 役割を区別する考え示す
菅副総理:「成長戦略を推進」を表明へ 経済演説

鳩山邦夫氏と与謝野、園田両氏が会談 今後も定期会合(産経新聞)
ACSA交渉開始を確認=岡田外相、ラッド豪首相と会談(時事通信)
<五輪フィギュア>浅田と安藤に大声援 中京大(毎日新聞)
<津山市長選>宮地氏が初当選 岡山(毎日新聞)
「日本版NP」創設を―日看協が初の統一見解(医療介護CBニュース)
[PR]
by yukyp8ducm | 2010-02-27 01:29

<< 民主・石井氏「鳥取、島根は日本...      茶髪、ピアスなど禁止令 日本水... >>

秘書の苦悩の日々を告白
by yukyp8ducm
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧